131graphic Works Profile Blog Contact
<< 「ビハインド・ザ・マスク」の秘密 | main |
B.B.KING


CDジャケットが作りたい!

そんな思いでデザイナーになったといっても過言ではない。
(正確に言うとLPジャケットを作りたい、だったが、
すでに業界に入った時にはLPからCDに全て変わってしまったのでそうなる。)

25才の時、まだまだ鼻垂れだった自分にその話がやってきた。

B.B.KINGのジャケットデザインなんだけど、お前やれ!
と上司からの指示。

念願かなって音楽関係の広告代理店に勤められ
毎日のように音楽の仕事に携われて(チラシ、ポスター、POPなどなど)
そんな中でジャケットの話は夢の中の夢のような話である。

よっしぁー、やったーぁ!
でも待てよ、B.B.KINGって誰だろう?

こともあろうか、その頃は音楽のジャンル幅が極度に狭く
ブルースの「ブ」の字も知らない不届きもので、B.B.KINGも知らなかったのだ。

同僚に凄い人だからと色々情報を聞いて失礼のないようにと、いざ、ご対面。
ライブアルバムだったので会場である中野サンプラザに向かう。
そして楽屋に入るとあの大きな方がB.B.KINGだからね、と教えられ
挨拶の時を待つ。

待ち時間、周りを見渡すと
上田正樹、吉田 健、桑田佳祐、吾妻光良、キョン
マルタ、梅津和夫、野呂一生、山岸潤史など
そうそうたる方達が楽屋に集結していた。

そしてその時が来た、向こうからこちらヘ歩いて来たのだ。
緊張しながら、あばれるくんバリに
「よ、よろしく、お願いします!デザイナーの、柳沢です(汗)」
と挨拶をする。
笑顔で返してくれたB.B.KING、ものの数秒で通り過ぎて行く。

緊張しまくりだったが挨拶ができて良かったー、と安堵していたら
そのあとを歩いてきた関係者スタッフが、
今のはマネージャーだよ、と苦笑しながら通り過ぎる。
ドッヒャー!(体系がそっくりだったので)間違ってしまったのだ。

そうこうしているうちに本番ライブがはじまり
挨拶できないままその日は終わってしまったという間抜けなエピソード。
(後にアムステルダムのジャズフェスでもう一度会う機会があり、その時はきちんと挨拶する。)

そのライブの時に撮影された写真で構成された、このCDジャケット。
当時、特色を使う事が自分の中で流行っていて
指輪の部分だけDIC 607を使う、という事で
後刷りだ、先刷りだ、ネガ版がどうのこうのと色校を沢山だして
試行錯誤した事を覚えている。

自分みたいな青二才にこんなチャンスを与えて頂き
本当に貴重で、ありがたい体験でした。

いつまでもこの思い出を誇りにし、
そして大事に生きたいと思います。

安らかにお眠りください。

B.B.KING
(2015年5月4日, 89才で永眠)
COMMENT









Trackback URL
http://blog.131graphic.com/trackback/43
TRACKBACK