131graphic Works Profile Blog Contact
FRISKのCM

あまりCMには関心がないんですが
これは違いました

行き詰まった時の解決方法

イカします
この発想はなかなかでないです

でも単純にこれを見ると楽しくなるというか
フレスクを食べたときのようにスーっとするCMです
DOLLAR OK!
 

沖縄県の施政権がアメリカから日本に返還される前(1972年以前)
小学生の頃、街では普通にドルを使い
道路は右側車線だったと
沖縄の友達が言っていました

福生は今ドルが使えると言う話題で持切りです
テレビ朝日が2回、フジテレビ、NHKとテレビが合計5回放映
新聞は8社に記事が掲載されたようです(2010年9月現在)

よし、今度は道路右側車線だ!(意味ないですね)


27 years ago
 

六本木ヒルズのネイチャーセンス展を見に行きました

デザイナーになって20年
あっと言う間の20年

思えば27年前に青森県三沢市から上京してきたんですが
大都会の街は震えがくるほど感動しました

暇さえあれば新宿高層ビルの展望台にいって
街を眺めたもんです
(下の写真は六本木ヒルズ53階からの眺め)




ネイチャーセンス展なかで
自然に勝る芸術はない、と言ってる方がいました

27年たった今....
都会の街には魅力を感じなくなり
青い空や緑の木々や壮大な夕景に感動する日々

たしかに自然に勝る芸術はない、ですね。



夏が好き
 
今年は暑い!
30度を超す日が連日続いています。

わたしの事務所は24時間エアコンをつけっぱなし状態

しかし夏は大好きです。

蒼井そら、じゃなくて青い空、
白い雲、
そして事務所の庭の白い夾竹桃(写真)

夏って最高!

福生七夕まつり
 
わたしが仕事の拠点としてる福生では
8月のはじめに4日間、七夕まつりが行われる

歴史は古く今年で60周年をむかえる

日頃町にはあまり人はいないのだが
この日は何十万人の人がドッと押し寄せてくる

わたしはWLFカフェというお店を経営してるが
この店の前の道も開催中は原宿の竹下通りなみの人通りになる

七夕まつりが終わると今度は友交祭という
福生の横田基地を解放するイベントが8月の終わりに2日間行われる
これまた何十万人の人が福生を目指してやってくる

ひと月にでかいイベントが二回もあるのだ
(ちなみにカニ坂まつりというロックフェステバルもこの月に開催)

こんな町って他にないだろうなあ。




ペプシコーラ
 
子供の頃、学校帰り駄菓子屋さんに寄り道して
ペプシコーラを良く買ったもんです。

理由がありました。
今はありませんが昔は(1973年頃)ペプシの王冠の裏には当たりくじがついてて
(缶ではなく瓶のタイプが主流で王冠の裏が剥がれるようになっていた)
「1000円」「500円」「もう一本」「ハズレ」とういう感じの内容でした。

みんな1000円が欲しくて必死になっていたんです。
王冠の印刷の微妙なずれが当たるとか
はたまた王冠ロゴの青と赤の色が多少濃いと当たるとか
色々な憶測が飛び交っていました。

あるとき友達がお年玉で1ケース(24本)を買ったときがありました。
みんな絶対この中にだったら1000円があるだろうと息をのんで見守っていました。

しかし空けども空けどもハズレばかり
たまに出るのは「もう一本」
さすがに一人では飲めないのでみんなに飲ませながら
結局全部を開けたのですが
なぜか「1000円」と「500円」は一本も入ってなく
みんなでガッカリしたという思い出があります。



上の写真はアメリカのペプシ(2010年)

デザインが最高にいいです。
ロゴとPEPSIの文字の絶妙なバランス
全体の青の色も素敵です。

そんなペプシをデザインが好きで当たりがなくても
1ケース買ってしまう今日この頃です。


光の川
 
CDジャケット制作で流れる車の光が欲しかったので
かじかむ手をこすりながら16号で撮影しました。
思ったような光が撮れず苦戦。

写真にも写ってますが
16号沿いにある街灯はオレンジなんですよね
理由はしりませんが光が柔らかくなるので
わたしは好きです。
自宅の電気も蛍光灯の色が嫌いなので
全て裸電球です。

たまにデパートなどに行くと
強い蛍光灯の光で頭が痛くなります。(わたしだけかなー)

強い太陽の光は平気なんですけどね。

2月1日、雪が降りました。

2年ぶりの積雪だそうです。

雪は全てのものを白くします。
道路、芝生、木、建物、車
そして醜い物やきれいな物、全てを白く包み込みます。

まるで世界をリセットするかのように。
取材
 

monoマガジンの取材が131HOUSEに来ました。

取材のテーマは"アメリカンヘリテイジ巡礼"だそうです
(ヘリテイジ=遺産)
確かにわたしも米軍ハウスは遺産だと思います。

物の価値観は人によって違いますが
子供の頃はそれが分からず
自分が好きな物は誰もが好きだろうと思ってました

しかし、甘いものを好きな人もいれば
にがい物を好きな人もいる
派手な色の服を好きな人もいれば
黒しか着ない人もいる

米軍ハウスもこんな素敵な家に住みたい、という人もいれば
なんでこんな古くて汚い家に住みたがるの?
という人もいます。

その価値観をわたしは人に伝えたいのですが
いつも出来なくて残念な思いをしています。

しかし同じ価値観をもつmonoマガジンはそれを語ってくれるでしょう。



「monoマガジン」(株)ワールドフォトプレス発行
2010.2.16号(2.2発売)掲載


賀春





2010年
明けましておめでとうございます。
サイトも1月1日、正式にリニューアルオープンしました! 


青い空を見てると
とってもワクワクしてきます。

こんな青い空を見れるのも
高い建物が少ない福生ならではの光景でもあります。

そんな福生をデザインの力で盛り上げる事が今年の目標です。
どこまでやれるか131graphicにとっても何かとチャレンジです。

それを考えるとまたワクワクしてきますね。